アスカブック様 (株式会社アスカネット)「等身大フォトの魅力」のライティングを担当しました

こんにちはコマツです。

アスカブック (株式会社アスカネット)様 「等身大フォト」コラムが掲載されました。

 

アスカブック公式ホームページ インタビューコラム・小櫻聡さん

 

今しか撮れない赤ちゃんのリアルな姿を写真に収める、アスカブックの「赤ちゃんの等身大フォト」。

今回は、夫婦お二人で写真館を営む大阪府吹田市の「小桜スタジオ」の小櫻聡さんのお話を伺いました。

「等身大フォト」について、フォトグラファーとしてのプロ目線、街の写真館目線、夫婦・親目線と、いろんな角度からのお考えを聞けてとても新鮮でした。笑いがたくさんあって(主に私が笑わせたけど)楽しいインタビュー現場にもなりました!

ぜひご覧くださいね。

 

 

赤ちゃんの等身大フォトとは?

アスカブックの「オンデマウント」は、見開きのセンター部分に切れ目がない印刷と、完全なフラットになる製本技術が特徴の商品。この特徴を活かし、新生児〜2歳前くらいまでの赤ちゃんの等身大の姿を写真に残すことができる「赤ちゃんの等身大フォト」。

写真の真ん中に継ぎ目がないので、“一枚物”の作品としてこれまでのアルバムにはない迫力のある魅せかたが可能です。

アスカブック『等身大フォトを残そう』

 

赤ちゃんの等身大フォトアワード

アスカブックさんでは、2014年より写真館、カメラマンを対象とした「赤ちゃんの等身大フォト」の作品コンテストを開催されています。200点を超える応募作品から、各業界より招かれた審査員によって入賞作品が選ばれるフォトアワードです。

今回インタビューを行なった「小桜スタジオ」の小櫻さんや、昨年インタビューを担当した「STUDIO6 」の北川さんも「赤ちゃんの等身大フォトアワード」で賞をとっていらっしゃいます。

アスカブック  フォトアワード

小桜スタジオ公式サイト